市場 和志 医療法人 市場医院

[ HOME日記TOP記事検索携帯用URL管理用 ]
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 


2017/03/09(Thu) 9・9・9市場和志へのご意見はこちらから→ MAIL 



父が去る2月14日に亡くなりました。享年82歳でした。

晩年、病気で体が弱ってからは、病院の医師、看護師さんや介護スタッフの皆さん、
当院スタッフなどのおかげで、私たち家族も安心して過ごす事ができました。

父の人生の大半は、色々な方々の支えがあってこその人生でした。感謝しております。


患者さん第一の父でした。


開業してからは休みもとらず、外来・手術・往診の毎日で、家族旅行の思い出もほとんどありません。
仕事熱心な父に習い、2月15日16日は外来診療を行いましたが、
外来に来院される患者さんから、涙ながらに父への感謝の言葉や思い出話を聞く度に、
いかに父が患者さんを愛していたのかがうかがえました。


自分で車の運転が出来なくなってからは、家族が運転して一緒に買い物に行っていました。

父が助手席に乗って後部座席を振り返り、みんなが揃っているか確認し、一人でも姿が見えなかったら
「わしの嫁さんはどうした?お前の嫁さんはどうした?姉ちゃんは学会か?」
と点呼とりをして気にかけていました。

ある時、同じチョコレートを5つも買った時があり、
「糖尿病が悪化するよ」と注意しても頑として買い物かごに入れて買って帰り、
家についてから「これはお前達の分だ」と4つ僕たちに渡してくれたりもしました。


父が亡くなる当日のことです。


辛い呼吸の中、しきりに指で数えながら
「1.2.3.4.5.6.7.8.9」・・・
「9!・9!・9!」と訴えておりました。

家族が「薬を9回飲んだの?」「9回なにかしたの?」と聞いても父は「違う。違う。」と首を振るだけでした。
結局分からないままだったのですが、先日、父の弟がその謎を解いてくれました。

『「9!・9!・9!」って9本の指を3回示してサンキュー。ありがとうという意味ではなかったか?』と。


感謝の気持ちや優しさを家族に伝えるのがとても苦手な父でした。
また、とんちが好きで、人を楽しませるのが好きな父でした。

はにかみながら、微笑んで見守っている父の姿がそこにあります。


お父さん、今までありがとう。




1件〜1件(全1件)
←前10件/次10件→  1
<RSS>


無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace